新鮮アジア(中国、タイ、ベトナム)野菜とハーブ野菜の福岡県は小郡市の川辺農園ロゴ

オフィシャルブログ

タイ・ベトナム野菜・ハーブの川辺農園(KawabeFarm)

  

Posted by at

2012年01月31日
夏野菜である空芯菜(パクブン)が生育しにくい日本の冬です。
油を焚いて加温し、育たないわけではありません。
でも、できれば旬の野菜を、新鮮なまま食べて頂きたい。
川辺農園では、パクブンの代わりではありませんが、冬場の主役野菜としてカナーをオススメしています。
それともうひとつ、すでにタイ料理専門店では定番にもなりつつある中国野菜のひとつです。
中華料理をルーツに発展して確立したタイ料理。タイのスーパーマーケットでは所狭しとたくさんの種類の野菜が並びます。その中でもこのパクカントン(油菜芯)はコクのある甘みと触感が魅力の日本人に人気の野菜です。鍋物・炒め物・スープにと活躍します。

細くて若々しいものを「ぽきっ」と折って、そのまま「さくっ」とかじると甘みがあって美味しい!子供たちが調理する前の野菜をそのままマヨネーズつけて食べてます(笑)。

まだご利用でない方から「どんな野菜?」と質問を受けることがあるので、写真で紹介します。
冬・夏も生育しますが、美味しいから(?)夏場は虫たちのターゲットになって大変なので、川辺農園では秋から春に出荷します。
  

Posted by 川辺農園 at 09:49

野菜
2012年01月31日
サラネーです。
サラネー(タイミント)は、かざりとしてだけではなく、アジア料理、特にタイ料理ではなくてはならない香味野菜です。「ラープ」や「ヤム(サラダ)」には準主役級として活躍します。
寒い冬でも出荷できるように、ハウスでそだてています。
今朝は寒かったです。家のまわりにも畑にも霜がびっしり。
川辺農園のサラネーはしっかりと根を張り、美しく育っています。香りも爽やか!
  

Posted by 川辺農園 at 09:27

2012年01月18日
タイ現地のタイ料理で空芯菜と並んで定番なのが「カナー」。10年前はなかなか国内で手に入らなかったせいか、日本のタイ料理店でもカナーのオイスターソース炒め「パッカナー」を出しているところは少なかった。カナーは英語でチャイニーズケールと呼ばれ、栄養価も高くほろ苦いうまみと甘み、『こりっ』とした触感が楽しめる葉野菜。なんと「くき」がメイン。葉先はざっくり捨ててしまう場合も。日本にあるタイ料理店では日本人に人気の空芯菜の炒め物「パクブンファイデーン」が定番ですが、パッシーユ「ライスヌードル太麺野菜炒めオイスター風味」にカナーが入っていたりすると嬉しくなる。
川辺農園でも早くからカナーを栽培しています。タイから種を買い付け、これまでたくさんの品種を栽培してみて、その中から園主が選んだベストのカナーを出荷しています。
冬場もやわらかく美味しく育っています。現在川辺農園オススメの野菜。

  

Posted by 川辺農園 at 09:51

2012年01月12日
懐かしい写真を見つけました。
就農して最初のハウスを耕した日。
耕耘の機械を初めて動かした日。
子供たちは泥だらけで周りで遊んでいました。

初心を忘れず 今日も畑へ。


子供たちのワイルドライフもこの日から。





  

Posted by 川辺農園 at 08:06

農園の歴史
2012年01月04日
謹 賀 新 年 

今年は去年にもまして寒さが厳しくなるそうで、
野菜が育ってくれるかどうか不安な日々が春まで続きそうですが、
雪にも負けず、皆様のご期待に添える様に熱く頑張ります!

寒い!!


  

Posted by 川辺農園 at 14:17

Copyright © 2011 Kawabe Farm All Rights Reserved.