新鮮アジア(中国、タイ、ベトナム)野菜とハーブ野菜の福岡県は小郡市の川辺農園ロゴ

オフィシャルブログ

タイ・ベトナム野菜・ハーブの川辺農園(KawabeFarm)

  

Posted by at

2014年09月29日

春に台湾に出張して以来、半年ぶりの海外。広州(広東省)は3年ぶりくらいだけど、
香港は以前別の仕事をしてた時以来で12年ぶりくらい。 例によって種の買付けと
面白い野菜を探すのが目的。

香港の青果物市場を見てまわったのは初めてだったけど、予想外にとても勉強に
なった。例えば油菜芯とか芥蘭とか空芯菜(通菜)とか広東料理では一般的で
どこの店にもある普通の野菜だけど、よく見ると品種が色々あり、店毎に規格も様々。
それに種類の豊富な事!川辺農園で作っている中国野菜は(真冬が旬のもの以外は)
タイ・ベトナムのハーブも含めて全部ある(驚!)。野菜の産地である広東や福建の市場
でもこれほど種類が豊富じゃないのにさすが香港!来年新たに作りたい野菜の狙いも定まった。

ちなみに今回の旅で一番印象に残った食べ物は着いた日の夜に道端の屋台みたいな
店で食べた田鶏(カエル)の煲仔飯(ボーチャイファン:土鍋炊きこみご飯)。小骨が多いけど
あっさりした白身のカエルの肉がご飯と合うのだ。腐乳で炒めた空芯菜もすこぶる美味。
また来るぜ香港!




  

Posted by 川辺農園 at 18:23

中国野菜農園の歴史
2014年09月20日
今週 急に寒くなりました~!


川辺農園では、早めに準備した秋冬野菜が順調に育っています。
すでに今週 出荷を開始したものも。

我が家でも家族全員(とくに子供たち)に人気の油菜芯(ユサイシン)
油菜芯2014

そして、川辺農園開始後すぐに作ったけれど、
マイナーすぎて売れず(笑) 却下されていた赤菜苔(コウサイタイ)。
最近になって、シェフからのリクエストが増えてきたので復活!


今年初めての栽培・出荷に踏み切った、生唐辛子(プリック)
色は、敢えてとりまぜた小ぶりの唐辛子、でも激辛!!


タイの「ねずみのふん」と呼ばれる激辛唐辛子、プリッキーヌ。
タイでは、【山椒は小粒でピリリと辛い】のかわりに
プリッキーヌといいます。辛いもの好きな人にはたまらない辛さ!
プリッキーヌ-

今年の気候が奏功し、まだまだ美しい赤インチョイ。
川辺農園のインチョイは色が鮮やかで美しいと、関西・関東方面から
たくさんのご注文をいただいています。有難うございます!


その他にも、園主の厳しいこだわりをクリアした
中国野菜・アジア野菜が絶賛出荷中です。(^^)

十角ヘチマ(トカドヘチマ / ブオッブ・リアム) 角は全部10個です。


四角豆(シカクマメ / トゥアプルー) スライスすると、ダンスしてるみたいです(ジャーンプ!)


そして毎年人気のアノ野菜もコノ野菜も、
種まき順調にすすんでいます。
来週から、園主は中国へ種の買い付けへ。
また美味しくて美しいニューフェイスを発掘できるかも!請うご期待!デス。


(久)


  

Posted by 川辺農園 at 12:04

野菜
Copyright © 2011 Kawabe Farm All Rights Reserved.