新鮮アジア(中国、タイ、ベトナム)野菜とハーブ野菜の福岡県は小郡市の川辺農園ロゴ

オフィシャルブログ

タイ・ベトナム野菜・ハーブの川辺農園(KawabeFarm)

  

Posted by at

2014年12月24日
● 年末年始のお休みのお知らせ ●

師走の候、皆様益々ご清栄の段お慶び申し上げます。
年末年始のお休みを下記の通りとさせて頂きます。ご確認ください。

年末最終出荷日:12月29日月曜日 ⇒ 30日(火)お届け

  ※なお、12月28日(日曜日)は臨時営業日とします。

年始初出荷日 :1月4日(日曜日) ⇒ 5日(月)お届け


年内残すところわずかとなりました。
本年中のご厚情に厚くお礼申しあげますとともに、
来年も、川辺農園をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


●寒さが苦手なベトナム人スタッフもがんばっています!

(久)



  

Posted by 川辺農園 at 08:39

野菜
2014年12月21日
日照さえあれば野菜は元気に育ってくれます。
・・・といってもお野菜は不足気味で、
お客様には大変ご迷惑をおかけしております。

ただ、春にはすこしでも早く野菜をお届けできるよう
工夫を凝らしているところです。

種を撒いた畝にも
寒さにまけず、芽を出した野菜が少しづつですが
大きくなっていますので、お楽しみに!(久)








  

Posted by 川辺農園 at 10:52

農業日誌
2014年12月18日
年の瀬です。

厳しい寒さの中でも、アジア野菜育ててます(T_T)。
明朝はとても寒いらしいです。

多分・・・

こ-んなふうに霜が降りていたり・・・

こ-んなふうに雪が積もっていたりするのでしょうか(泣)。

日照さえあれば、野菜達は元気です。
お日様、よろしく!

寒くても心は暖かくいきましょう。
川辺農園では、今年は2種類の激辛トウガラシ(プリック)を
新しく栽培し、生唐辛子として販売いたしました。
これがとんでもなく激辛です。

タイのプリッキーヌ(トウガラシ)は、
タイへ行ったことがある方ならお馴染の激辛トウガラシですね。
名前の意味は「ねずみのふん」(笑)
小さいのにめちゃくちゃに辛いです。
先日畑にお越しになり、これをかじったシェフは、大変なことになっていました。
(ちゃんとお伝えしましたよ、辛いですよ!!!って。)

シーズンは終わりましたが、冷凍保存もききます。
川辺宅では、これをきざんで、ナンプラーにつける
プリックナンプラー】はオールシーズン、冷蔵庫の中のマストアイテムです。



炒め物によし、スープによし、アジア料理だけでなく、
和食にも、湯どうふや鍋にも最高に合います!
暑い夏にも食欲を増してくれ、寒い今の時期は、かならず食卓に並んで
身体をぽかぽかあたためてくれます。
これは、生のトウガラシでないとだめなんですよね~(^^)。


大変好評でしたので、来年もたくさん育てます。
ぜひ、おためしくださいね。(久)




  

Posted by 川辺農園 at 16:41

野菜川辺家の食卓
2014年12月10日
早朝は寒い!

園主の携帯電話には、早朝5時過ぎから注文の電話が入ります。

午前4時半に起床してすぐに、仕事モードの園主です。
お取引先から夜中に入ったメール・ファクスを確認しながら
まだ真っ暗な寒い中に、まず畑へ軽トラックを飛ばします。

霜や風の被害が無いか、ハウスの温度が下がりすぎていないか、
冬場は夜中心配しながらの園主です。

小春日和の今日。
A菜 / 油麦菜(ユウマイツァイ)

たくさんの注文にもかかわらず、年末の注文ラッシュで
売り切れの野菜も続出しています。
お客様にはご迷惑をおかけしており、本当に申し訳ありません。
冬野菜でも日照不足が続くと成長がぱったり遅くなって
なかなか思ったように、いままで収穫していた野菜と、
種まきをしておいた次の圃場の野菜とのつなぎ目がうまくいかないことがあります。

出来た野菜をすっかり収穫して市場や農協に納めるのではなく、
数十種類の野菜・ハーブを、日々レストランのシェフや仲卸業者の方からのご注文を
予測して種まきから収穫・出荷していくのは、難易度「高」のパズルを解いていくような感覚です。

現在、すくなくなってしまい、次の圃場の野菜の成長をまっているものが多いのですが
まだ余裕がある野菜は、A菜(油麦菜/ユゥマイツァイ)・広東白菜苗・葉にんにく・豆苗など。
アジア野菜も少ないながら今年は比較的栽培に成功しているので、
だめもとでよろしければお問い合わせください。
芥蘭(カイラン/カナー)は、注文が集中したので現在すくなくなってしまいましたが
次のものが成長してきているので、年末にかけてたくさん必要な方は
前もってお知らせいただければ確保しやすいと思います。

いずれにしても、来週以降は例年注文が集中します。
ご注文のご予約をいただければ優先して確保しやすいと思います。

それでも、寒さに耐えて成長する野菜の甘みと栄養、たっぷり蓄えた
川辺農園のお野菜をすこしでもたくさんお届けできるよう、
スタッフ一同寒い中野菜に負けずがんばって農作業に取り組んでいます!(久)
九層塔 / バイホラパー


  


Posted by 川辺農園 at 17:19

野菜農業日誌
Copyright © 2011 Kawabe Farm All Rights Reserved.