新鮮アジア(中国、タイ、ベトナム)野菜とハーブ野菜の福岡県は小郡市の川辺農園ロゴ

オフィシャルブログ

タイ・ベトナム野菜・ハーブの川辺農園(KawabeFarm)

  

Posted by at

2018年07月27日
久しぶりに怒り心頭の話。ちょっと長文ですが。

これはほとんど偽装というレベルの話ではないだろうか。
他の誰かが作った空芯菜が、「厳選素材!川辺農園の空芯菜198円」というポップのもと、
売られている。ある知人から聞いて、まさかと思ったら本当にそうだった。

地元福岡を中心として展開している高級スーパーチェーン「ボンラパス」。その旗艦店では
わざわざ「川辺農園のアジア野菜」という写真付きの大きなポップまで作ってコーナー化して
くれている。そのコーナーの、大きいポップの真下だ。誰が見ても「あ、川辺農園の空芯菜だ」
と思うだろう。実際私の知人はそう思って買ったらしい。買った後に良く見ると違う生産者の
名前が小さく載っている。

早速その店の青果売り場責任者に電話したら・・・。
「いえ、そんな事してませんよ。ポップにも『川辺農園』とは書いていませんし」。と完全に
「つっぱね」モード。
・・・いやいや、しっかり書いてあるじゃん。それも「川辺農園コーナー」で売ってるんだもん。
しかし、それについても売場責任者君は「川辺農園さんのコーナーの『近く』には陳列して
ますけどね・・・との事。結局謝罪も無かった。

 消費者にとっては、これはほとんど「偽装」というレベルの話だろう。実際に僕の知人は
騙されて買った。
川辺農園としても、僕が今まで一生懸命作り上げて来た「川辺農園」のイメージにタダ乗り
されている上に、本来私の野菜が売られていたら得られていたであろう逸失利益はどうなるのか。

とりあえず僕にできる最大限の抗議として、商品を止める事にしました。
ボンラパスで買って頂いていた方々、ご迷惑お掛けしてごめんなさい。

※ひとつ追記。
「川辺農園」のポップのもと売られていたのは、実は私の師匠筋でもある大農家、久留米の
久保田園芸さんの空芯菜。「川辺農園のものではない」にせよ、私が尊敬する大先輩農家の
産品だから品質的に問題など有ろう筈も無い。空芯菜を出荷した久保田園芸さんやそれを
卸した仲卸業者さんには何も落ち度・責任は無い事を言っておきます。



  

Posted by 川辺農園 at 17:01

Copyright © 2011 Kawabe Farm All Rights Reserved.